婦人
このエントリーをはてなブックマークに追加

甘いもののとりすぎに注意

スイーツ

間食を我慢するとダイエット中だとしても、ストレスがたまってしまうので、カロリーが抑えられたおやつや小分けできるものを摂取するようにしましょう。また、食事制限をするときは飲み物にも気を配ると、余分なカロリー摂取を抑えることができます。

View Detail

正しい方法が大切

ジュース

酵素ドリンクダイエットはやり方を間違えてしまうと、体調を崩したり、リバウンドしやすくなる可能性があります。行う際には、無理をせずに体調の良い時を見計らって行うようにしましょう。飲み方を工夫することで、空腹感を抑えることが出来ます。

View Detail

便秘を解消するには

急須と湯のみ

便秘解消をすることのできるお茶は人気となっています。便通を良くする効果のあるプーアール茶などや食物繊維の多いゴボウ茶などさまざまで自分に合ったものを選べます。しかし、成分によっては便秘を悪化させたり、下剤のような成分が入っていたりするお茶もあるため注意が必要です。

View Detail

気軽に数値を下げましょう

メジャー

血糖値が高いままでいると糖尿病予備軍や糖尿病になる可能性が高く、病院で糖尿病と診断された場合は数値をすぐに下げる必要があります。薬に頼らずに血糖値を下げるには飲料や食品を使うのが一般的であり、飲料は水に溶かして飲む粉末が人気です。食前・食中に飲む事によって食後の急激な血糖値の上昇を防ぎ、無理なく数値を下げる事が出来ます。天然由来の食物繊維が配合されており、便秘改善やコレステロール値の低下といった効果も期待されます。食品で人気が高いのは大麦(押麦)であり、白米100%で食べている場合は白米7:大麦3の割合で炊くのがお勧めです。1日2食を麦飯(やや大盛)にすると効果があるので、お米好きな方は切り変えてみると良いでしょう。

血糖値を下げるには食べ方も非常に重要であり、これを毎食で習慣化してしまえばさらに糖尿病の改善が可能となります。一汁三菜の和食を食べる場合は、汁物・副菜・副菜・主菜・主食の順で食べていくと血糖値の上昇が緩やかになります。洋食の場合はスープ・サラダ・メインディッシュ・パンorライスの順で食べていくのがお勧めであり、しっかり噛んで食べるようにしましょう。普段主食や主菜から食べてしまっている場合は急激に血糖値が上がってしまっている可能性が高い事から、意識して汁物から摂取していく事が大切です。一朝一夕には血糖値を下げる事は難しいのですが、1か月努力すれば高確率で数値は下がるので毎日の食事と食べ方に注意して過ごして下さい。また、食事をする時には栄養バランスを考えることも重要とされています。しかし、栄養バランスを考えて食事を作るにも毎日行うのは大変なことであるため、サプリメントや健康食品などを利用するとよいでしょう。サプリメントや健康食品などには体に必要な栄養素が十分に含まれているため、飲むことによって不足している栄養素を摂取することができます。中には血糖値を下げるのに効果が得られるものもあるため、探してみるとよいでしょう。